当面の間、当店ではお客様に安心してご利用頂けるよう
コロナウィルス対策を講じております。
[営業時間短縮中]
・入口では必ず手指消毒をして頂いております
・店内の空気の循環を良くし、換気の良い状態を保つことを徹底しております
・お客様同士の間隔を空けて入店して頂いております

<旅行業者様へ>
事前にバスお立ち寄りのご予約を頂いた場合には通常時間の9:00〜17:00で営業致します。
ご予約お待ちしております。

えびせんべいとちくわの共和国


えびせんべいと
ちくわの共和国入口

えびせん工房

茶屋工房

えびせんべいの歴史

えびせんべいの生産量は
愛知県が全国ナンバーワン!

多くの人に親しまれているえびせんべいですが、実は100年以上も歴史のある和菓子なんです!!
明治20年頃、三河湾で獲れる「カジカエビ」を日本から輸出していた中国は、乾燥させたものを加工して「高級えびせんべい」として日本に輸入していました。
ちくわなどの練り物を生業としていた「かまぼこ文吉」がその高級えびせんべいをもとに、えびせんべいの原型とされる、純地元産の「えびせんべい」を創案しました。
その後、伊勢富田の地から来往していた「ひげ貞」が特別な蒸し器で大量のエビを、一気に処理できる方法を編み出し「えびせんべい」を安価で多量に販売することが可能になりました。
「えびせんべい」が今の時代でも愛される和菓子となったのは、この二人の偉人のおかげだと言えるでしょう。

えびせん歴史2

充電器